地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、さいたま市北区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

さいたま市北区の地域情報サイト「まいぷれ」

Cute Movies

ブラック・ファイル 野心の代償

戦慄のラストが、あなたの人生も狂わせる…

2017年1月7日(土)ROADSHOW<br><br>(c)2015_MIKE AND MARTY PRODUCTIONS LLC.All Rights Reserved.<br>
2017年1月7日(土)ROADSHOW

(c)2015_MIKE AND MARTY PRODUCTIONS LLC.All Rights Reserved.
ブラック・ファイル 野心の代償

監督:シンタロウ・シモサワ
脚本:アダム・メイソン、サイモン・ボーイス
製作:エレン・ヴァンダー
音楽:フェデリコ・フシド
出演:ジョシュ・デュアメル、アンソニー・ホプキンス、アル・パチーノ、イ・ビョンホン、アリス・イヴ、マリン・アッカーマンほか

ストーリー

全米を牛耳る巨大製薬会社。世間ではその薬害問題が報じられていたが、弁護団は決定的な証拠を掴めずにいた。そんな中、野心家の若手弁護士ベン・ケイヒル(ジョシュ・デュアメル)は金髪の美女(マリン・アッカーマン)と出会い、機密ファイルを受け取る。その出会いをきっかけに、ケイヒルを取り巻く人間達のありとあらゆる欲望<出世欲・金欲・独占欲・愛欲…>が複雑に絡み合い、ケイヒルの人生は予想もつかない意外な展開に巻き込まれていく――。

記者のみどころ

アカデミー賞受賞俳優2人が共演、日系人が監督を務めることなどが話題の本作『ブラック・ファイル 野心の代償』。1人の正義感溢れる弁護士が巨悪に立ち向かった先に、二転三転のサスペンス劇が待ち受ける。

巨大製薬会社のCEOとその愛人、野心家の弁護士、彼の弁護士事務所の所長、そして彼らの周りに現れる、謎の男。全ての人物が己の欲望を腹に持ち、緊迫感のある駆け引きが展開される。登場人物全員が嘘をつくと言っても過言ではないようなダークな世界観は、新年早々のフワフワムードとは正反対の濃厚さだ。

『THE JUON呪怨』で共同プロデューサーを務めた日系人、シンタロウ・シモサワの監督デビュー作。アカデミー俳優のアンソニー・ホプキンスとアル・パチーノが初共演という豪華な布陣から、重厚だがテンポの良いサスペンス劇が繰り広げられる。予測不可能のラストは新年早々からガッツリ裏切られること間違いなしの結末だ。

それぞれの思惑が交わった先に待ち受ける、衝撃のラスト。新年1本目としては重厚でサスペンスフルな作品だ。複雑に絡んだ伏線の結末を、あなたは見抜けるか。

Text by EISUKE