地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、さいたま市北区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

さいたま市北区の地域情報サイト「まいぷれ」

ろけぷれ!

VOl.22『てぃだかんかん』の感動の舞台を探れ!

愛と感動の名編の舞台を探れ! 『てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~』

『てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~』<br>  <br>(c)『てぃだかんかん』製作委員会<br>4月24日(土)より全国公開!<br>監督:李闘士男<br>出演:岡村隆史/松雪泰子/吉沢悠/國村隼/原田美枝子/渡部篤郎<br>配 給:株式会社ショウゲート<br>●沖縄が世界に誇る美しいサンゴの海を取り戻せ! <br>そう願ってやまない一人の男の夢が現実となる……。<br>愛する妻と子供たちにかつて美しいサンゴに囲まれた沖縄の海をもう一度見せたいというたった一つの願いがきっかけで、サンゴ礁の再生に挑み、世界で初めてサンゴの産卵に成功した男・金城浩二と、彼を支える家族の絆を描いた感動の実話の映画化。
『てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~』

(c)『てぃだかんかん』製作委員会
4月24日(土)より全国公開!
監督:李闘士男
出演:岡村隆史/松雪泰子/吉沢悠/國村隼/原田美枝子/渡部篤郎
配 給:株式会社ショウゲート
●沖縄が世界に誇る美しいサンゴの海を取り戻せ!
そう願ってやまない一人の男の夢が現実となる……。
愛する妻と子供たちにかつて美しいサンゴに囲まれた沖縄の海をもう一度見せたいというたった一つの願いがきっかけで、サンゴ礁の再生に挑み、世界で初めてサンゴの産卵に成功した男・金城浩二と、彼を支える家族の絆を描いた感動の実話の映画化。
茶柱: zzzzzzzz…。

ナカ: こらこら先生!なに 鼻提灯出しながら寝てるんですか!っつうの!

茶柱: zzzzzzzz…。

ナカ: せんせ! せんせ~~~。

茶柱: おお、すまん。春眠あかつきをおぼえず…とはよういうたもんやなあ~~。

ナカ: チッ!

茶柱: お、今、舌打ちしたな~~。

ナカ: したよ。

茶柱: なんくるないさ~~。

ナカ: それ、使用方法まちがってないですか?

茶柱: なんくるないさ~~。きにすんなっての。いいさ~~(少々語尾をあげて)

ナカ: なんかへんですね…。

茶柱: そんなこときにしないさ~~。まあ、そういうことで今回のろけぷれはなんくるないさ~~ってな感じで進めていきます。
うっしっし、とどのつまりはこれよ!ほれほれ!

ナカ: おおう、これは、ナイナイの岡村さ~ん主演の話題作。『てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~』ですね。

茶柱: おぶこーす。と、いうことで早速。今回は『てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~』のろけぷれでごじゃいますさ~~。

ナカ: 沖縄の方言、ちょっとヘンです……。
(c)『てぃだかんかん』製作委員会
(c)『てぃだかんかん』製作委員会
ナカ: ということで、ナイナイの岡村さ~ん主演の話題作が当、ろけぷれにやってまいりました!

茶柱: いやあ、おまたへいたしました!思い起こせば……。昨年、夏。7月。あ~~あついあつい!そんな頃でしたねえ。

ナカ: そうでしたねえ。こちらの作品の取材にすっ飛んでいったのでしたねえ。

茶柱: 7月16日。気温31度!あっちょお~~~。

ナカ: ブルース・リーも真っ青なあっちょーな天気でした。

茶柱: そんな中、この『てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~』の撮影が千葉で行われたのさ~~。

ナカ: ちなみに「てぃだかんかん」とは沖縄の言葉で太陽さんさん~ってな感じですよね。

茶柱: そうでごわす。だからこの日はまさに太陽ギラギラ~~「てぃだかんかん」だったのさ~~。

ナカ: で、ここが撮影のあった、千葉、市原の……。

茶柱: 市原市勤労快感~~ああ、カイカン~~。

ナカ: ちゃうでしょ? 会館です。市原市勤労会館!

茶柱: そうともいうさ~~。

ナカ: …………。
市原市勤労会館
市原市勤労会館
ここが撮影現場なのら!
ここが撮影現場なのら!
茶柱: この日の撮影には、たくさんのエキストラが大集合!

ナカ: なるへそ、それでこの張り紙ね!
エキストラ大集合!
エキストラ大集合!
クレーンに乗る大型照明!
クレーンに乗る大型照明!
茶柱: 会館の外は、機材やクレーンで埋め尽くされてわくわく、ドキドキの現場でした!

ナカ: で、今回のこちらでの撮影は、はたしてどんなシーンが収録されているでしょうか?

茶柱: 主演の岡村さ~ん演じるサンゴに命を賭ける若者、金城さんが、サンゴの養殖と、自然の大切さをとくと海洋学者たちに説明するシーンさ~~。

ナカ: 岡村さんシリアスな演技に挑んでいましたね。

茶柱: そそ、このシーンはサンゴの理解を世間に示すとても重要なシーンなのですさ~~。

ナカ: そのさ~~って語尾の……。全然あってない……。

茶柱: なんくるないさ~~。

ナカ: で、エキストラの人たちはどういう役柄で……。

茶柱: 岡村さ~んがサンゴの重要性について発表するシンポジウムに来場した研究者たちって役どころですねえ。

 
会館2階がご出演のエキストラ控え場所。みんなきっちりとしたリクルートスーツだど!

ナカ: うわあ、たくさんの人たちがいるいる!

茶柱: エキストラとはいいながら、みなさんしっかりいい顔で映画に映ってたさ~~。

ナカ: たしかにそれらしい雰囲気を醸し出していましたね!

茶柱: そそ、良い感じでした。
スタッフが綿密な演出の打ち合わせを行う。<br>本番直前の緊張の一瞬!
スタッフが綿密な演出の打ち合わせを行う。
本番直前の緊張の一瞬!
茶柱:沖縄で行われた『平成14年度全国海洋生物シンポジウム活動研究報告会』というシーンの設定。

ナカ:入り口は沖縄なのに入場すると市原のこの場所だったんですねえ~~。映画って、すご~~い!

茶柱:映画ではこのシーンで岡村さんが学者たちに完膚なきまでに叩き込まれるんです!
ナカ:元々は、海が大好き、サンゴが大好きというだけのお兄ちゃんだったから……。学術的なことは一切わからず……。
茶柱:あなたのやってることは茶番だ!的な言い方をされ、あなたのような人間のくるところではないんだよここは!といわれてしまう……。

ナカ:作品の中でも緊張の走る、すごいシリアスな場面でした。

茶柱:そそ、アタシなんか取材の為にカメラをもっていたんですが、役者たちの気が散りますんで……。「カメラは見せないでください」そうスタッフの方から言われましたねん。

ナカ:それほど、岡村さんはこの映画にかけていたんです! これまでのお笑いを一切封印して撮影に臨んでいたってわけですね!

茶柱:そういうことです! でね、学者たちから痛烈なバッシングを受けた岡村さんでしたが、渡部篤郎さん演じる大学教授が「彼らに太刀打ちするにはこれしかありません!」そう提案するのが……。

ナカ:サンゴの産卵なんですよね。世界で誰も成し遂げたことのない養殖サンゴによる産卵……。

茶柱:そうそう、シンポジウムの開場から出てきて昂奮する岡村さんと、それをとりまく友人たちと、渡部さん……。

ナカ:熱い会話が続きました。

茶柱:そのシーンがここで撮られていたのさ~~~。
ここに岡村隆史さん、吉沢悠さん、渡部篤郎さんの面々が勢揃い。熱演をみせてくれる!後方には松雪泰子さんが立ち、夫役の岡村さんを見守っている!
ここに岡村隆史さん、吉沢悠さん、渡部篤郎さんの面々が勢揃い。熱演をみせてくれる!後方には松雪泰子さんが立ち、夫役の岡村さんを見守っている!
ちょうど左の通路の部分に外から強力な照明を当てていたのだ!
ちょうど左の通路の部分に外から強力な照明を当てていたのだ!
茶柱:この映画、サンゴを愛してやまない一人の青年の愛と勇気と夢を存分にみせてくれます。岡村さんや、松雪さんの姿もしっかりと拝見したが、岡村さんのオーラはものすごかったですよ! それに妻役の松雪さん! もう~美しい!まるで透き通った白魚のような…。いや人魚のように素敵な女性でした!
それに取材を快く迎えてくれた李闘士男監督! 本当に素敵な映画をありがとう!

ナカ:この現場でとられたシーンは物語のおおよそ半分くらいのところで登場してきますからまだまだ後半に波瀾万丈のシーンが続きます!


沖縄の海が大好きさ~~ 堂々たる主演の岡村さん
沖縄の海が大好きさ~~ 堂々たる主演の岡村さん
茶柱:順風満帆にすすんでいたサンゴの養殖も……。様々な障害にぶちあたり……。あるときは人にダマされ、あるときは見下され、疎まれ……。ハラハラドキドキの物語は後半、あなたを感動の嵐の中に誘うのです!

ナカ:ああ、先生! 頬に光るものが。

茶柱:グッスン! これは涙なんかじゃあない! 心の汗だ!

ナカ:……鼻から出てるみたいですけど、心の汗。いやそんなことより、今回私が取材したところもあるんです。最後のパーティーのシーンを撮影した場所!
この日も“てぃだかんかん”だ~
この日も“てぃだかんかん”だ~
大勢のエキストラがすでに集まっている。
大勢のエキストラがすでに集まっている。
エキストラ控え室。控え室もパーティー会場みたい。
エキストラ控え室。控え室もパーティー会場みたい。
この日のロケ弁。<br>ボリュームたっぷりで美味しそう!
この日のロケ弁。
ボリュームたっぷりで美味しそう!
会場のセットもほぼ完了。あとは本番をまつのみ!
会場のセットもほぼ完了。あとは本番をまつのみ!
ナカ:最後、金城氏が、緊張しながらも自分の言葉でスピーチする場面がここで撮影されました。

茶柱:うむ、へたくそだけど、心温まるスピーチじゃった。あれならワシでももっとうまく喋れるな~。

ナカ:そうですね、きっとすばらしいスベりで心まで涼しくさせてくれることでしょう。

茶柱:とにかく号泣必至の素晴らしい作品に仕上がっているのでみなさんも是非劇場へ!そして沖縄へ! そしてサンゴに巡り会ってくださいませ~~。

ナカ:劇場へいくさ~~。
参加したエキストラの皆さんと記念撮影。<br>『てぃだかんかん』絶対見てね~~~~!
参加したエキストラの皆さんと記念撮影。
『てぃだかんかん』絶対見てね~~~~!